なで肩の女性に多い疾患とは…

みなさんこんにちは岸和田市春木宮川町とっぷ整体整骨院 前田です。

さて、タイトルにもありますように、今日はなで肩の女性によくみられる疾患のお話をしていきましょう。

ズバリ、【胸郭出口症候群】と言います。

腕や手の循環障害としては頻度は高いと言えるでしょう。その胸郭出口症候群について話をしていきます。

みなさんは例えば高いところの拭き掃除をするのに腕を上げっぱなしていたり、電車のつり革を持っている際に、肩や腕全体がダルくなってきたり、指先に鈍痛やしびれを感じた経験はありませんか?

こうした症状は腕神経叢と呼ばれる神経繊維の束が圧迫される事で生じる神経・循環障害であり【胸郭出口症候群】と言います。この胸郭出口症候群はなで肩の女性に非常に多く見られる疾患です。

神経絞扼を受ける場所は3箇所あり、

①斜角筋三角部

②肋鎖間隙

③小胸筋間隙

の3部位とされています。

おもにデスクワーク中心のお仕事や長時間同じ姿勢で作業をする方に多く、現代病として非常に重要視されています。知らないうちに自分自身が胸郭出口症候群になっていたというのは少なくないでしょう。

しかしながらリハビリテーション等により腕神経叢の絞扼部分を解消することで容易に改善可能な疾患群でもあります。

また鍼灸治療も絞扼部の筋緊張を取り除くという意味では効果的でしょう。

とにかく、デスクワークや車の運転など長時間同じ姿勢でいる時に上記で挙げた症状がみられた場合には早めに専門家に診てもらいましょう!

とっぷ整体整骨院へのアクセスは
Google map
Google 検索活用が便利

岸和田 整骨院 春木

上記クリックしていただくと問い合わせおよび迷わずに来れます。

とっぷ整体整骨院YouTubeチャンネル

上記クリックしていただくと治療内容の動画が見れます。


(2021年7月29日)

予約問い合わせLINE姿勢分析無料