筋肉と関節の専門家ブログ

柔道整復師・鍼灸師による解説

頚部前方突出位を改善して肩凝りをなくそう!

みなさんこんばんは、岸和田市春木とっぷ整体整骨院の前田昌輝です。

さて、先日は【頚部前方突出位(FHP)】が肩凝りの原因になるという話をしました。

鍼灸治療が効果的なのは間違いありませんが、加えてお家でも行える簡単なエクササイズがありますのでそちらもご紹介していきましょう。

FHPでは筋力低下を起こしやすい椎前筋や丸くなりやすい背中を伸ばすことで肩凝りを改善出来ます。

【頭部前方突出位(FHP)】の原因は頚部を屈曲させる椎前筋の大きさが、後頭部の筋群と比べてもとても小さいことにもありそうです。

椎前筋は後面筋の過活動に負けてしまい筋力低下が起きやすいとされています。使うバランスに偏りが起きてしまうということです。

肩凝りが慢性的な状態にまである場合は、相当に椎前筋が弱体化しているとみて良いでしょう。

椎前筋が弱くなってしまうと頚椎を支える力が前後で不均等となり頸椎が不安定な状態となります。

そのために椎前筋をトレーニングすることは肩凝り改善にも重要です。

まずトレーニングする際には、頚部の筋肉に負担がかかりにくい姿勢で行う必要があり、仰向けが推奨されています。

続いて頚部の後ろにフェイスタオルを筒状に丸めたものを入れます。その状態で深呼吸をして、過緊張状態にある頚部筋をリラックスさせます。

その後に下顎を引き、椎前筋のトレーニングを行います。ポイントはタオルに加わる圧を首に感じながら

行うことです。タオルが太すぎるとかえって頚部が伸展位となるので注意が必要です。

続いてイスに腰をかけた状態で行うエクササイズを紹介します。このエクササイズは丸くなった背中を伸びた状態に改善することが目的です。

まず、イスの横を手で保持します。そのまま胸を前に張りましょう。その状態で顎を引きながら体全体を真上に引き伸ばすように身体に力を入れましょう。

この運動を5秒間保持して、5秒間緩める。

これを10回程度行ってください。

最初にお伝えした椎前筋はゆっくりした動きで20回程度を目安にトレーニングを行ってください。

最終的には軽い力で滑らかに顎が引けるようになることを目指していきましょう!

とっぷ整体整骨院へのアクセスは
Google map
Google 検索活用が便利

岸和田 整骨院 春木

上記クリックしていただくと問い合わせおよび迷わずに来れます。

とっぷ整体整骨院YouTubeチャンネル

上記クリックしていただくと治療内容の動画が見れます。


(2021年3月14日)


首が前に突っ込む姿勢と肩凝りとの関係は?

みなさんこんばんは、岸和田市春木とっぷ整体整骨院の前田昌輝です。

当院にも肩凝り症状を改善したいという患者様が多数いらっしゃいますが、肩凝りを改善する為には、頭部前方突出位を理解する必要があるでしょう。

逆に言えばこの姿勢を改善することで、肩凝りを予防出来るとも言えます。

肩凝りには原因が明確ではない本態性肩凝りと、筋肉や関節などの器質的な原因がある症候性肩凝りとがあります。

前者は過労や不良姿勢、運動不足などが影響し、頸部から肩関節にかけての筋疲労や筋緊張、ダルくなるような鈍痛などの症状が出現します。

後者では頚椎疾患や肩関節疾患などの整形外科的領域から、消化器疾患の内科的領域、眼精疲労などの眼科的領域といった具合に、さまざまな疾患に起因します。

現在では、肩凝りの原因となり得る姿勢として注目されているのが頭部が前方に垂れて、頸椎全体が前方に偏移し、環椎後頭関節部分で過伸展位となる【頭部前方突進位( FHP)】と呼ばれる姿勢です。

この姿勢でいると、筋力低下を起こしやすい筋肉と過緊張状態にやりやすい筋肉があるとされています。

筋力低下を起こしやすい筋肉には、頸部深層にある屈筋群である椎前筋や僧帽筋下部線維、菱形筋などがあります。

過緊張状態になる筋肉には、後頭下筋群や僧帽筋上部線維、肩甲挙筋、小胸筋などがあるとされています。

そして、この過緊張状態になる筋肉がいわゆる「肩凝り」で慢性的な鈍痛や筋疲労が出現しやすい筋とされています。

当院では鍼灸治療によりこれらの深層にある筋肉の過緊張状態を取り除き、矯正による関節の調節を行うことで【頭部前方突出位(FHP)】を改善し慢性的な肩凝り症状を取り除くようにアプローチを行っています。

つまり肩凝り症状改善にはただ痛みのある筋肉に対してマッサージをするだけでなく、FHPに対して効率よくアプローチを行うことが不可欠です。

治療を続けてもなかなか症状が改善されないという方は、もしかしたらFHPに対するアプローチがされていない可能性もありますよ。

とっぷ整体整骨院へのアクセスは
Google map
Google 検索活用が便利

岸和田 整骨院 春木

上記クリックしていただくと問い合わせおよび迷わずに来れます。

とっぷ整体整骨院YouTubeチャンネル

上記クリックしていただくと治療内容の動画が見れます。


(2021年3月14日)


理想的な立位姿勢とは?

こんばんは!岸和田市 春木 とっぷ整体整骨院の前田です。

今日も気持ちの良いお天気で、家の掃除をしながらゆっくりと過ごさせていただきました。

さて、とっぷ整体整骨院では最近また新規の患者様が増えてきておりますが、

4月から新たな職場や学校で今までと環境が変わった方も多いでしょうし、1ヶ月以上経つと、そろそろ身体にも異常が出始めたり、そのサインを感じ出す頃ではないでしょうか。

「うーん、この痛みは何かな?なかなか良くならないぞ、今までとは違う気がする」「最近なかなか寝つき悪くて、朝起きても身体がスッキリしないなぁ」という方は何か原因があるはずです。

つい先日、GW開けた頃には五月病のニュースもよくTVで流れていましたよね。1日の中でも寒暖の差があったり、仕事や学校でのストレスで身体が限界を迎えるタイミングなんでしょうね。いわゆるストレスにより自立神経が乱れる、自立神経失調症というものです。

本日のタイトルは「理想的な立位姿勢とは?」です。実は、理想的な良い姿勢を維持出来なければ、自立神経にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

つまり姿勢と自立神経は密接に関係するということです。

おそらくですが、職場や学校が変わることにより今までと違う動作や作業が増えたという方は多いのではないでしょうか?それは今までとは違う筋肉にストレスがかかるということ。当然ですが理想的な立位姿勢をキープするためには、健康で力強い筋肉が必要となります。疲れた筋肉では体幹を支えられず

姿勢が歪んでしまいます。そして自立神経失調症をきたし痛みやダルさなどの症状が増す。

ということです。

当院では治療を行う前に必ず姿勢分析を行います。

痛みには必ず原因がある。姿勢の歪みが根本的な原因であることも非常に多いのです。

当院では横から見た姿勢と後ろから見た姿勢の2パターンの姿勢をチェックします。

 

まず横から見た良い姿勢のポイントです。

人の身体を横から見た時に、頭は身体の真上に乗っていないといけません。背中に丸みが強く出ていたり、いわゆる猫背の状態がないのが理想です。

骨盤は垂直に立っていて、腰が反ったり、逆に丸まったりしていないのが良いです。

膝関節も反ったり丸まったりしていないのが理想です。

腰は壁を背にして立つと、腰と壁の隙間に手の平が収まる程度の隙間があると良いです。壁を背にして立つときは、お尻の厚みを考慮して、踵を壁から5㎝〜7㎝離して立ってみて下さい。

骨盤は、左右それぞれの上前腸骨棘と恥骨結節が、同一垂直面上にあります。

 

後ろから見た良い姿勢

肩甲骨の内側は背骨と平行であること。

その2つの距離は成人男性なら7〜7.5㎝で女性では5〜6㎝です。皆さんはどうでしょうか?

骨盤は左右の高さが同じでないといけません。

膝は約5度内側に入っていて、踵は約3.5度内側に入るのが理想的です。

また、普段はチェックしませんが胸骨下角は70〜90度です。みぞおちから下に左右に広がる肋骨の

際の角度のことです。

両肩も当然ですが左右同じ高さが理想的です。

膝はO脚やX脚もなく身体を左右対称にに分けられるのが理想的な姿勢と言えるでしょう。

もし仮に鏡に立って映った姿勢が、今言ったような姿勢と違う場合は必ず姿勢の歪みがあると言ってもよいでしょう。1度姿勢を診てみる必要があります。あなたが抱えている今の症状、原因は姿勢にあるかも知れません。

 

姿勢に関連する記事は以下をクリック!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

関連記事 :筋膜リリースについて

関連記事 :カイロプラクティックベッド

関連記事: 筋肉のバランスが「こり」を生む?

 

とっぷ整体整骨院へのアクセスは
Google map
Google
検索活用が便利

岸和田 整骨院 春木

上記クリックしていただくと問い合わせおよび迷わずに来れます。

とっぷ整体整骨院YouTubeチャンネル

上記クリックしていただくと治療内容の動画が見れます。


(2019年5月16日)


予約問い合わせLINE姿勢分析無料