西洋医学と東洋医学の違いとは?

西洋医学と東洋医学の違い

パーツの集合体でからだをみる西洋医学

2つの医学は、人のからだをどのようにとらえるかが大きく異なります。西洋医学では、人体をバーツ(いろいろな器官)の集合体とし、東洋医学では人体全体を一つのものであると考えます。これが治療方針の違いとなるのです。

簡単にいえば、西洋医学では、病気の原因になっているパーツをみつけ、そのパーツを正常に戻せば、病気は治ったことになります。
西洋医学では、いろいろな検査もおこないます。検査から出されたデータや画像を検討し、平均的なものよりどのくらいずれているかで、そのパーツが正常か異常かを判断します。ですから症状があっても、データとして明確な異常が表れないと、治泰の方法が決めにくいのです。

次回、シリーズ東洋医学
では、東洋医学とは!?

東洋医学の素晴らしさ

身全体を1つのものとしてみる東洋医学

東洋医学でも、人間のからだを臓脇や経総など
に分けて考えますが、これらすべては連続していて、人体はーつのものであると考えます。
東洋医学でいう病気とは、からだのある部分の調子が悪くなって、からだ全体に影響がおよび、別の部分に症状が現れてきたもの。

なのでパーツではなく、からだ全体の調子を整えるのです。全体がよくなれば、ある部分の症状(病気)も消えるという理屈です。なお、からだ全体の調子というときには、肉体だけでなく、心の状態も入っているのが特徴です。
このような特徴のある東洋医学では、いちばん気になっている症状を治療したら、そのほかのちょっとしたトラブルも解決し、心身ともに健康になることもよくあります。
しかし、だからといって東洋医学だけを頼ればいいというわけではなく、病気や症状によって、西洋医学と東洋医学、それぞれ得意な治療方法がありますので、現在は西洋医学と東洋医学の両方の側面から治療する病院も増えています。中国でも多くの人は、西洋医学と中医学を併用しているように、治療方法をどちらかに限定せず、両方のよいところを使って、より健康で、元気な毎日をおくりたいものです。

洋医学と東洋医学の特徴

★東洋医学
人体に起こる現象は、みな関連があると考える
◆得意な分野
肩こり、めまいなど、漢然とした不調
原因が特定しにくい不調

★西洋医学
病気にかかった部位を重点的に治療する
◆得意な分野
ホルモンの不調による病気
細菌などによる感染症
手術が必要な病気やけが

とっぷ整体整骨院へのアクセスは
Google map
Google 検索活用が便利

岸和田 整骨院 春木

上記クリックしていただくと問い合わせおよび迷わずに来れます。

とっぷ整体整骨院YouTubeチャンネル

上記クリックしていただくと治療内容の動画が見れます。


(2019年11月26日)

予約問い合わせLINE姿勢分析無料